地域から検索する

北海道東北 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
北関東信越 茨城県 栃木県 群馬県 新潟県 長野県 山梨県
首都圏 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 山梨県
東海北陸 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県 福井県 石川県 富山県
関西 大阪府 京都府 兵庫県 滋賀県 奈良県 和歌山県
中国四国 岡山県 広島県 鳥取県 島根県 山口県 愛媛県 香川県 徳島県 高知県
九州沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

犬・猫・動物ペットポータルに登録されているジャンル

ジャンル一覧 ペットフード、用品製造、レンタルペット、鳥獣商、調教師、ペット美容室、魚ペットショップ、観賞魚、動物用薬品、小鳥店、ペットショップなどその他犬・猫・動物ペットポータルには、たくさんの情報が掲載されています!! サイトにお越しになった皆様ゆっくりと楽しんでいってください。
スポンサード リンク

犬・猫・動物ペットポータルへの掲載について

犬・猫・動物ペットポータルへの掲載をご希望の方は、お問合せ下さい。管理人スケジュールの関係で即対応することが難しい状態になっております。 大変恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

スポンサード リンク

お知らせ・告知

犬・猫・動物ペットポータルをオープンしました。
レンタルペット・ショップ・犬・猫・動物などペットに関する情報を掲載

http://pet.skyblue-love.net/

携帯サイトはQRコードを携帯で読み込んでください。
URL:http://pet.skyblue-love.net/m/

登録施設ランダム表示中

ペットの歴史

ペットと家畜(実用的な理由に拠るもの)の歴史は古く、狩猟において助けとなるイヌや、農耕において害獣となるネズミなどを駆除してくれるネコやイタチのような小型肉食獣が珍重されていた。

古代 - 近代

特にイヌの場合は、はっきりした主従関係を好む習性から、家族の一員として扱われた歴史が長いとされる。石器時代におけるイヌの墳墓(埋葬に際して添えられたと見られる花の花粉が見られたり、なんらかの食料の残骸が一緒に発見されるなどの特徴も見られる)も発見されている。その一方で、所有物という概念もあったようで、殉死によって飼い主と共に埋葬されたと思われるケースも見られる。

人類のペットに対する執着は、このようなトンガリ耳の珍奇なネコまで作出した

猫科の動物は古代エジプトにおいて神格化されたせいもあって、高貴な身分に相応しい愛玩動物として扱われ、実用的な用途よりも、より今日のペットに近い存在であったとされる。丁寧に埋葬されたネコのミイラも発見されており、同時代に於ける同種動物の地位が如何に高かったかを感じさせる。また農耕文化にも関連して、ネコやイタチ・キツネのような小型動物を捕食する肉食獣を、穀物を食害から守る益獣として珍重していた文化が世界各地に見出され、好んで保護され飼育されていた事情が見られる。今日の米国でも納屋に住み着くネコを「barn cat」と呼び珍重するなどの風習も見られる。

古くは家畜とペットの境界は曖昧で、飼育する側の社会的地位によって、その境界は更に曖昧な物であった。今日では多くの国で愛玩用または訓練して道具として用いられるイヌであるが、日本でも鎌倉時代では一般的な食用動物として見なされており、その風習は江戸時代初期まで続いていた。しかし法令や宗教的な理由から獣肉を食べる習慣が日本では次第に廃れたことから、今日の日本ではイヌを食用と見なす習慣は稀である。しかしそのような過程を経なかった国では、今日でもイヌは、良く増えどんな餌を与えても食べる良い食用家畜とみなされており、殊更イヌを食べる習慣の無い国から、非難・中傷されるなどの社会現象が発生している(犬食文化の項を参照されたし)。

近代 - 現代

今日その多くは家族として、パートナーとして、仲間として人の暮らしに密接に関わり、心癒され愛玩する相手、人と共生する存在であると言えよう。一方希少性のあるものをコレクションしたり、奇妙な習性のある(一般的な家庭で飼うには奇異・危険な生き物である場合も含まれる)動物が好まれるなど、ペットを玩具のように考える傾向もある。しかし近年では、人間もまた、進化の一形態上に位置する動物に過ぎないという科学的な教育もあって、動物にあっても無下に扱う事を忌避する人々もある。この中には、ペットを玩具や装飾品のように考える人との間に軋轢を生むこともあり、時には係争関係に陥るケースも見られる。またペットの性別を「オス」「メス」ではなく「男の子」「女の子」と呼んだり、「餌をやる」ではなく「食事をあげる」と呼ぶなど、言葉の用法に人間との同一視が見られるケースがある。

現代の日本の2人以上の世帯においては、48%の世帯が、何かしらのペットを飼っている、という調査結果がある[1]。 同じく現代の日本(2003年7月時点)における飼育ペットの割合は犬62%、猫29%、魚類11%、鳥類7%(複数回答)となっており[2][3]、ことに鳥類(1981年時点で35%)の減少傾向が目立っている。

▲上部へ